文化財復元

株式会社たくみ > 施工事例 > 文化財復元

日本が誇る文化を守る

わが国の歴史、文化の正しい理解の為に欠くことのできない、守り伝えられてきたもの。また、将来の文化の向上発展の基礎をなす基調な国民的財産、文化財。 たくみは、この大切な財産を守るために、有形文化財に指定された建造物の復元を行います。

古きを温(たず)ね、
歴史の足跡を、
誰よりも大切に感じられる事を

なぜ、今の私たちがあるのだろう。
なぜ、今の暮らしがあるのだろう。

そんなことをふと考えながら、歴史を紐解いてみることは楽しいことです。その拠り所になる文化財。わが国の歴史、文化の正しい理解のため欠くことのできない守り伝えられてきたもの。また、将来の文化の向上発展の基礎をなす基調な国民的財産、文化財はそんな風に定義されています。

たくみでは、この大切な財産を守るために、有形文化財に指定された建造物の復元を行っています。文化庁や県、各市町村に指定登録された有形文化財は東北各県に点在しています。その多くを手がけてきました。

作業のなかで最も時間を要する分野が時代考証です。かつての職人たちが使った素材、工法道具など、学術的有識者の方々の協力を得ながら細部にわたって調査を進め、可能な限り忠実に、当時の形を再現させていきます。

たくみの技術

正確な見積もり

たくみの長年に渡る経験、実績に基づき、材質材料、安心安全な工法など、伝統建築、寺社仏閣、公共施設、住宅まで多種多様な建築物の見積もりに対応し、永く使われる建物として間違いのない仕事を行うべく、正確誠実な見積もりを行います。

受け継がれた
施工技術

東北各地には神社・仏閣が多く残されています。和様・唐様といった建築様式があり、それぞれに独特の美しさがあります。 垂木の支割など一つ一つの寸法は、何百年も前に決められたものであり、要求されるのは熟練の技です。たくみでは、伝統の工法を守りながら、気候風土に合った素材を吟味し、木の癖を見極め、かつての棟梁たちの意気込みをも受け継ぎ、誠実に完成させます。

受賞歴

  • 建設省東北地方建設局
    R.C.Aコンテスト97C部門
  • 国土交通省東北地方整備局
  • みちのく公園ふるさと村古民家復元工事(平成9年)
  • 日本建築士会功労賞
    伝統的文化技能者 佐藤 卓
    (平成12年)
  • 第二回山形の家づくり大賞審査員特別賞
    「上桜田の家二百年住みつぐ民家」
    (平成20年)
  • 国土交通大臣建築事業等の感謝状
    佐藤 卓(平成21年)

お問合せ

お電話でのお問合せはこちら

023-633-1551